保育目標

  • 子ども一人ひとりの思いを受け止め、認めてゆくことで「自分で考え、自分で決める力」を養い、友だちと支えあう心を育てる。
  • 異年齢保育や施設訪問などを通して、人との関わり合いを大切にし、思いやりの心を育てる。
  • 英会話、漢字、クッキング、絵本の読み聞かせ、園外保育など、しなやかな身体つくりや、豊かな感性を育む保育を目指す。